本当は怖い歯周病!その予防方法は?

歯周病の歴史はとても深い

ほとんどの人の口腔内に存在している

歯周病というのは細菌感染によって、歯茎が炎症を起こす疾患を指します。菌自体は人口の約80%の方が保有していて、口腔内の環境が安定している時は悪さをしません。

しかし免疫力の低下など何らかの理由によって口腔内の環境が悪くなった時に歯茎からの出血や、炎症を起こして悪さを始めます。歯周病菌は口腔内にある、食べかす(プラーク)をエサに増えていくので、歯磨きを怠っている。あるいはしっかりと磨けていない場合に増殖します。

歯周病菌は臭いを発する原因にもなり、放っておくと口臭がきつくなり周りに迷惑をかける可能性も出てきます。ちなみに歯周病菌は一度付着すると完全に除去する事は出来ません。よって口腔内環境を整えて悪さをしない様にする必要があります。

自覚症状が無いのが厄介

虫歯はある程度進行すると痛みが生じたり、歯が黒ずんだりして自覚症状が出てきます。しかし歯周病は軽度であればほとんど自覚症状が無く、知らない内に進行していってしまいます。

歯茎が腫れるとやや赤くなりますが、普段から自分の歯茎を観察していないと気付きにくいです。出血については既に炎症が起きて、血と一緒に歯周病菌を洗い流してしまおうと身体が反応しているのですが多少の出血であれば「特に気にしなくて良いかな。」と判断してしまいがちです。

歯周病の厄介な点は自覚症状の薄さ、そして症状が悪化すると進行が早くなり気付かない内に骨が溶かされ歯を失ってしまうケースもあります。血管から歯周病菌が全身に広がる可能性もあります。