本当は怖い歯周病!その予防方法は?

歯科医院で受けられる歯周病治療

軽度の場合は掃除だけで改善する?

普段からセルフチェックや歯周病を意識した歯磨きをするのは当然だけど、歯科医院で行っている治療について知りたい。歯周病治療にはいくつかの段階があり、軽度の場合はプラークを除去する事で改善するのがほとんどです。

まず口腔内環境を詳しく知る必要があるので、レントゲン撮影で歯を支える土台である、歯槽骨の状態を確認します。次に歯と歯茎の深さをチェックし歯周病がどの程度進行しているかをチェックします。その後プラークを除去する為の薬剤を使う、または歯石が付いている場合はそれも除去します。

3ヶ月に1度歯科医院でこれらの治療を行えば、口腔内は清潔に保てるでしょう。メンテナンスは口腔内だけでは無く全身の健康も守ります。

外科治療を行う場合も

どうしても改善しない。または歯がグラグラするなど、歯周病菌が骨にまで到達している可能性があれば外科治療が必要です。

外科治療といっても様々ですが、歯周病が中度以上になった場合は歯肉切除を行います。歯茎が腫れてしまうと歯と歯茎の溝が深くなりやすく、軽度であればプラークコントロールで改善します。しかしあまりにも歯周病菌が増えるとそれが困難になる為切除し、歯周組織の安定化を図ります。

近年、再生治療が目まぐるしく発達していて、歯槽骨や歯根膜などに特殊な薬剤を塗る事で再生を促します。これは外国で生まれた治療方法で、やや時間はかかりますが拒絶反応の無い自分の組織を使ったものを得られるのが大きな強みとなります。